青汁ダイエットを効果的に成功させるための方法

青汁がダイエットに効果が有ると言われている理由

青汁の材料に使用されている大麦若葉やケール、明日葉などの野菜には豊富な食物繊維が含まれています。ダイエット効果があると言われる由来はここにあります。

腸内環境が改善されることが一番のメリット

食物繊維が体内に取り込まれると、腸の働きが活性化します。そして排泄サイクルが整えられ、便通が改善するのです。青汁を飲むことで便秘が解消され、体重も一時的に減少するため、減量を実感する人が多いというわけです。
これらの野菜には食物繊維だけでなく、ビタミンやミネラルといった健康を保つ上では欠かせない成分も含まれているため、むくみの解消や脂肪燃焼、デトックス効果も見込めます。おまけに美肌効果もあるため、健康的な減量を行うことができます。無理なダイエットを行うと肌のターンオーバーが狂ってしまい、乾燥を招いたり肌荒れを引き起こしてしまうリスクがあるのですが、青汁ならそれらの心配はありません。減量と同時にピチピチの肌を手に入れることができるでしょう。

低カロリーで栄養価の高い青汁は体に優しい

最近では食事制限によるダイエットが注目を集めていますが、ただ単に食事を抜くだけだと栄養をバランス良く摂取することができなくなるため、筋肉が落ちてしまう可能性があります。すると体調が悪化したり、リバウンドを招くきっかけにもなります。
大切なのは栄養をしっかりと摂取しつつ、総カロリーの量を減少させることです。そこで役に立つのが低カロリーかつ栄養満点の青汁なのです。
一つ注意しなければいけないのが、栄養素は多いものの、エネルギーの代わりとはならないということです。そのため1食分と置き換えて飲んでいると、体力が落ちるなどのリスクが上昇してしまいます。バランスの良い食事と併用して摂取すること重要と言えます。
青汁は数日間飲んだだけでは効果を実感することができません。栄養素が体に浸透してダイエット効果を得るためには、ある程度の期間、継続して飲み続けなければいけません。

最近は美味しい青汁も増えている

長く続けるためのコツは、味に気を配ることです。メーカーによってはフルーツ味など飲みやすい配慮がされているものや、飲みやすさよりも栄養素を重視したものなど、様々な種類が存在します。どれだけ不味くて栄養素の高いものでも、飲み続けることができなければ何の意味もありません。商品を選ぶ際には、自分の好みにあった味かどうかに着目すると失敗しないでしょう。

飲む時の注意点としては、1日の摂取目安量を守ることです。多くても2~3杯辺りを限度としておきましょう。あまり多量に飲み過ぎると逆に便秘になってしまったり、お腹を壊してしまう危険性があります。
飲むタイミングとしては、食前や食間がベストです。もちろん食事中でも構いません。牛乳やスムージーに混ぜて飲んでも良いでしょう。
普通のダイエットが続かないという人や、新しい減量法にチャレンジしたいという人は、ぜひ一度青汁ダイエットを試してみてください。これまでの常識が覆るほど、簡単に痩せることができるかもしれません。ただし大事なのは、最低でも1ヶ月間は続けることです。

青汁を飲むときに注意したい”タイミング”

pixta_16980721_s

青汁でダイエットを成功させるには、飲むタイミングが大切になります。ダイエットに一番適しているのは食前になり、空腹時にゆっくり飲むことによりお腹が満たされるため、食欲がコントロールできなくなってうっかり食べ過ぎてしまうのを防ぐ役割もあります。

青汁は食事の直前に飲むと良い

食事の時にどのような順番で食品を食べるのかというのは、実はダイエットにおいて重要なカギを握っています。青汁は食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養が豊富な割には、糖質や脂質が少ない飲み物になり、食前に食物繊維をたっぷり含んだ青汁を飲んでおくと、その後に食べるごはんなどの糖質や脂質などの吸収を緩やかにする働きが期待できます。

食後に飲んでしまうと、青汁に含まれている栄養はしっかり摂取できるので、美肌効果や腸を整える作用などは期待できますが、ダイエットで糖質や脂質の吸収を抑えたい時には、食事から摂取した成分を吸収してしまう前に食物繊維を摂取しておくと効果的です。しかし食事をする1~2時間前に飲んでしまうと効果が半減してしまうので、できれば食事をする直前に飲むようにしましょう。
食物繊維には、水に溶けてゲル化する水溶性食物繊維と、水分を吸収して膨張する不溶性食物繊維があります。水溶性食物繊維は成分を吸着して吸収を遅らせる働きがありますが、不溶性食物繊維は吸着したまま体外に排出されるので、吸収を阻害する効果は不溶性食物繊維が高くなっています。

ただし、成分を吸収したくないからといって不溶性食物繊維ばかり摂ってしまうと、便が硬くなってきて腸内ですべりが悪くなり、動きが悪くなって進まなくなるので、便秘になってしまう可能性が高くなります。そのため、便秘を防ぎながら成分の吸収を抑えるには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂ることが大切になります。青汁で使われている原材料の植物はバランスよく食物繊維を含んでいるので、ダイエット目的で使用するのに向いています。
ダイエットに役立つ食物繊維ですが、阻害する栄養成分は糖質や脂質には限らないため、筋肉や肌をつくるために必要なタンパク質の吸収も阻害してしまう可能性があります。基礎代謝を上げて痩せ体質を作るには、ある程度の筋肉量が必要になり、筋肉が増えるとエネルギー消費が増えるため、脂肪燃焼に役立ちます。

食事は抜かずタンパク質もきっちり摂取することが大事。

ところが、タンパク質が足りなくなると、運動後の筋肉が修復ができなくなるので、疲労感が強くなり疲れが抜けない体になってしまいます。爪が割れやすくなって、髪のパサつきや肌荒れを起こしやすくなるため、成分が不足していると感じたら、先にタンパク質を摂取してから食物繊維を摂るようにしましょう。
ただ、一度に大量の青汁を飲んでしまうと、体の調子を崩すほどに成分が不足してしまう可能性もありますが、適量を飲んでいる分には体にかかる負担はそれほど大きくありません。ちょうど良いタイミングで適度な量を飲むことで、健康的なダイエットをサポートしてくれます。

青汁ダイエットに向いている人と向いていない人

pixta_21758964_s

青汁は健康に良いものとして有名であり、ダイエットにも効果的です。豊富なビタミンやミネラル、食物繊維などが体の調子を整えてくれ、肌のコンディションも向上させます。また、便秘体質の人にはお通じをスムーズにしてくれる効果も見逃せません。原材料にはケールや明日葉、ゴーヤ、大麦若葉といった緑黄色野菜が使用されており、野菜不足の人のバランスを整えてくれます。手軽に摂取することのできる青汁は自炊の難しい人にとっても救世主になりますが、ダイエットとして取り入れる場合、向いている人と向いていない人がいます。

青汁は味が苦手な方もいる。

まず確認したいのが味です。小さな子供からお年寄りまで幅広い世代で利用できるものであり、体にも優しく安全性にも優れていますが、野菜独特の青臭さや苦みが多かれ少なかれ残っているものですので、味に慣れないと続けることが難しくなります。ダイエットの時には特に毎日飲まなければなりませんので、味に違和感がなく飲むのが苦にならない人が向いているといえます。ただし、味という面では工夫をすることも可能です。ただ水に溶いただけでは野菜の味が強く出てしまいますが、ミルクに混ぜると緩和されて野菜を味を感じにくくなります。また、ハチミツや砂糖を加えると甘みが出て、ジュース感覚で美味しくいただけますので、自分なりに工夫をしてみることが大切です。最近では若い方向けのフルーツ青汁が大ヒットしています。こちらもおすすめです。

たまにアレルギーの有る方もいる。

また、アレルギー持ちの人はアレルギー反応が見られたら使用を取り止めなければなりません。この場合は向き不向きというよりも体の調子に関わってきますので、無理をして続けるのは止めた方が無難です。多少の下痢は利用し始めた時によく見られる現象であり、量を調節したり体が慣れてくると次第に落ち着きます。しかし、嘔吐や発疹のような重めの症状が表れたらアレルギーを疑ってみる必要がありますし、可能なら病院を受診した方が安心です。

即効性を求める青汁ダイエットは不向きかも?

その他、ダイエットに即効性を求める人は向いておらず、じっくりと結果を待つことができる人は向いています。青汁ダイエットは毎日飲むことで少しずつ効果が表れるものであり、劇的な変化を起こすような方法ではありません。ですから、最初から継続することを考えて始めなければなりませんし、飽きたからといって途中で止めてしまうのはNGです。違う方法を実践する場合もそうですが、実は継続することがもっとも大変であり、長くなってくると少し位サボっても大丈夫だろうという気持ちが生まれてしまいます。楽しみながら行える方法なら前向きな気持ちで実践できますし、飽きる心配もありません。

基本的には緑黄色野菜がベースになっていますので、野菜嫌いの人には厳しいと思われがちです。しかし、野菜をそのまま食べるよりもはるかに取り入れやすいですし、栄養成分も凝縮されていますので効率良く取り込むことができます。同じような成分であってもメーカーによって味や風味が異なりますので、あとは自分に合った商品を見つけることが大切です。